snm-utiyama.com

雪化粧も一時の・・・


      
雪の船着場 節分の日に関東地方も朝から大雪、子供の頃は雪にいろいろな思いを抱き想像したし、雪合戦や砂沼の土手を利用したそり遊びなど楽しかったが?(自分だけかな)。
雪は後が大変ですので今は・・・


2008/2/25
 日本列島を吹き荒れた春の嵐も収まり穏かな一日は今日限りで明日からまた荒れるそうだがイージス艦と衝突してまだ消息のわからない吉清さん父子の捜索がこの荒れた天候のため難攻し、ご家族が仲間の漁協の方々の捜索活動を打ち切ることを決断したみたいですがさぞや苦しい選択だったと思う。一日も早く消息が判る事を願うばかりです。万全に万全を期しても事故は起こる可能性があるが今回も漁船が避けるだろうと言う憶測で自動操舵で航海して事故を起こしたのかもしれない。最近の不祥事が多いのは規律の乱れなのか?しっかりして貰いたいものです。
自分も小さな船外機ですが引船する時は事故を起こさぬよう注意して舵を取るつもりです。

2008/2/19
 先週の水曜日から続いた冷たい季節風も今日は収まり穏かな一日でした。越谷市の大内さんは卓球のマスターズの選手で海外遠征をするくらいで毎日練習し骨休めに釣りを楽しむという生活をしています、何時も10時半頃来てゆっくり始めます。今日は穏かだったので沖のオダを狙い30〜36cmの抱卵したヘラを5枚程釣り上げ ”枚数は少ないが満足した”と言ってました。巣離れも間近かも!

2008/2/14
”農薬混入ギョウザ問題”で中国政府の発表があったみたいだが案の定「中国国内では生産過程でも流通過程でも 混入の形跡はなく
問題ない。日本に搬入した後日本人が開封して混入した可能性もある」と あたかも日本人が混ぜたみたいなことを言い出して来たのには驚いた。事件が発覚した段階で企業も国も危機管理が乏しく、問題が起こっても毅然とした対応を執らないから、あらゆる問題で押し切られ言いなりになる感じだ。現状のままのほうが政治家や企業は歓待を受けたり、金儲けは出来るかもしれないが国の威信という大事なものをどんどん失っていく気がする。 

2008/2/13
 昨日雨を降らせた低気圧が台風並みに発達し朝から強い季節風が吹き、今日は水質検査の予定でしたが砂沼の湖上は白波が立っていたので安全を考え延期してもらいました。
午後から上野の国立科学博物館でナスカ展のアンコールが開催されていたので行ってきました。沢山の見学者が居り、立ち止まっては進まないので混雑して満足に観ることが出来ませんでした。常日頃 気短で並ぶのが嫌いな性格なのでイライラしましたので早く出ようといったのでカミさん困ったみたいです。

2008/2/11
 元時津風親方が弟子が勝手にやった事だみたいなことを言って罪を逃れようとしか思えない証言を繰り返しているみたいだが往生際が悪いと思う。竜虎氏がTVで盛んに「大相撲は武士道だ?」とか「相撲部屋は個人商店で親方が絶対で弟子は親方が白い物でも黒といえば黒の世界だ、運営方針には相撲協会は関与できない」と発言していたがそれならば親方は潔く認めれば・・・昔の極道さんの世界と同じじゃないか?365日監視付きの旧態依然の徒弟制の世界みたい、朝青竜問題で横綱の品格等と言っていたが親方の品格は?都合の良いときは伝統だ歴史だ、
逮捕された時暴行を受けて亡くなった斉藤俊君のお父さんが苦渋に充ちた不安そうな顔で記者会見をしていたがどうなることやら・・
文科省に逮捕された後謝罪に訪れた新理事の元大横綱も現役時代後輩力士をリンチまがいのシゴキをして週刊誌に話題を提供していたのを思いだしたが改善できるのかな?

2008/2/10
 下妻へら研黒川会長主催の蕎麦会がおこなわれたので行きました。寒いこの季節 鴨の肉で出汁を取った汁に手打ちの蕎麦は格別でした。蕎麦会の食材はじまいの品々だから安全です?。
”農薬混入ギョウザ問題”で改めて食べ物がこんなに輸入されているのか?食料が他国任せで良いのか?、農業政策を見直さなくて良いのか、危機管理の脆弱さゆえ国民の命を守るべき国の怯えるような中国に対する及び腰の対応、いろいろな問題が顕著に現れています。小泉、阿部内閣時代にはBSE問題でアメリカ産牛肉を輸入停止にして改善させたような毅然とした対応をして国民に安全を知らしめてもらいたい。民主党の渡部恒三議員が「福田総理の国民のため、国民のため」と言うスローガンを揶揄して「母親が”何度も何度も必ず返すからといって金を借りても返ってきたためしがない、同じことを言うのは嘘だから信じるな!?」みたいなことを言ってましたが、言うのではなく JT,生協の民間の起こした事件ですが国民の命のため原因究明の指導力を示してもらいたいものですね。そろそろ企業も国も性善説の物指しから世界基準に変えたのが良いのではないか?

2008/2/3
 節分の日に朝から大雪 寒い一日になりそうです。カミさんが実家にどうしても行かなくてはならない用事が有って、でも車には今時珍しくスタットレスタイヤを履いていないので「雪が早く止んでくれないかな?」と心配していましたが、9時過ぎ頃には道路の雪も頻繁に行き交う車で溶け、ところどころシャーベット状になり滑る心配もなくなりましたが、でも恐る恐る出かけました。余り雪にナジミのない茨城県民は雪は不得手です。転んで大怪我した報道もなされています。明日の朝は道路が凍るみたいですから気をつけて。