snm-utiyama.com
暑い5月から・・・

第42回砂沼へらまつりは5月11日開催!!


      
遅咲きの皐月  6月に入るやいなや梅雨入り宣言。春から雨が多く砂沼の水不足は心配ないが


2008/6/27
 アメリカの北朝鮮に対するテロ支援国家指定解除の手続きに入ったことで拉致問題が置き去りにされた気がする。それにしても各国のしたたかな外交には驚く、北方領土では一方的に決められた国境を侵犯したとロシアに漁船が銃撃を受け、乗組員が死亡し拿捕され罰金を払った船が売却されていた、ナビでみれば侵犯したかどうか判るのに交渉も出来ない政府、竹島領土問題、台湾政府の高官が「日本と戦争も辞さない」とも発言した尖閣諸島の世界的に認められた帰属問題(ハーグの国際司法裁判所に提訴すれば良いと思うのに?)。国益を守るために世界はパワーゲームを展開しているが隣人の嫌がることはしない政府では相手の言いなりになり押し切られてもしょうがないか!!!。でも国益、面子は守ってもらいたいね、先人が戦争で他国に損害を与えたとしても、我々の代で大分返したのでないか?まだ足りないと言われてはしょうがないが子供たちの代では戦争後遺症のトラウマから開放してもらいたいものです。

2008/6/24
 また17人が死亡ないし行方不明と言う痛ましい海難事故がありました。経験豊富な海の男達が乗っていたであろう鰹漁の大型漁船が波に飲まれるなんて想像が出来ません。地球温暖化の影響なのか?ミャンマーではサイクロンの被害、アメリカでは中西部が洪水で作物が水没し収穫不能とも報道される打撃を受け、フィリピンでは台風で連絡船が座礁転覆して多数の犠牲者が出ていますし、中国、日本では地震で被害が出ていますが人間の横暴に地球が悲鳴を上げているのかな?温暖化を食い止めるために真剣に考え行動する時期が来ているのかもしれない。

2008/6/18
 岩手宮城内陸地震で亡くなられた方々と被害に会われた方々に対しお悔みとお見舞いを申し上げます。道路や山が一瞬に無くなる地震のエネルギーを見せ付けられて自然の力に対し人間の非力さが判ります。地震大国日本では避けられない現象ですから起きない事を願い運を信じるしかないかな?と考えてしまう。
先日「ひろし工房」の笠原ひろしさんが今年も砂沼の写真を撮り来られました。 へら鮒業界の将来について「愛好者が高齢化し、若い人や興味を持つ人が少ない・・・いろいろ原因があるだろうけど困ったね?」などと話しました。
でも、竿春氏(坂部博氏)、下館へら研の斉藤氏、へら鮒倶楽部極粋会の中島会長等は釣果第一の現在の状況の中で自分の釣りよりも初心者を親切丁寧に指導し、へら鮒釣りの愛好者を増やす為底辺の拡大に努力をしている事に感銘しました。

2008/6/10
 6月8日に秋葉原でまた”殺すのは誰でもよかった?”と言う、リストラされると勘違いした?25歳の自殺願望の契約社員によって土浦の事件と同様の大量無差別殺人が行われた。ただただ事件に捲き込まれた犠牲者のご冥福を祈るだけです。勝ち組、負け組みのはっきり判る格差社会の世の中に嫌気をさした動機や原因が有るにしても、「殺すな、盗むな、騙すな、我慢しろ?」戦前の道徳理念が残った教育を受けた団塊の世代の自分には理解できない。突然起きるので防ぎようがない。自分で自分の身を注意して守るしかない。困ったものです。

2008/6/3
 台風5号の影響で朝から雨・・・関東地方も例年より6日早く梅雨入り宣言が発表されました。4月から雨の日が多くうんざりですが天気はどうしようもありません。中国の四川大地震、ミャンマーのサイクロンの洪水などの地球温暖化による天変地変、投機マネーによる穀物や原油の高騰・・・これから益々暮らしずらい世の中に成って行くのかな?梅雨の長雨が続くと野菜の生育が悪く、それでなくても餃子事件から野菜が高騰し又四川大地震で中国産の農産物や豚肉も出荷できないみたいで日本の飽食の時代も終焉かな!